‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

引受基準緩和型と無選択型医療保険

2014/05/19

 

子供11中高年になるにつれ生活習慣病なのリスクも高まり、保険に入りにくくなるものですが、持病がある方でも加入できる医療保険があります。
その一つが引受基準緩和型と呼ばれるもので、契約時に医師の診査を受ける必要がなく、所定の告知項目に該当すれば加入できる保険です。

 
過去に治療歴のある病気に対しても給付対象となりますが、契約後も一定期間は給付額に制限が設けられている点は注意したいところです。

 
また、同じ持病がある方で加入できるものに無選択型医療保険があります。
こちらも同様に医師の診査を必要とせず、加えて過去の病歴も問わない保険です。
特に糖尿病やがん・心臓病などの疾患で入院・手術を受けた方でも加入することができる点に特徴があります。
そのため誰でも加入できる保険として無選択型医療保険は注目されていますが、引受基準が緩和されたタイプと同様に契約後に給付制限が付加されています。

 
過去の病歴は保険会社にとってはリスクであり、その分を保険料というカタチで反映しています。
その点で比べると無選択型医療保険の方が割高になります。

 
どちらも慢性的な疾患を抱えた方にも入りやすく設計されており、中高年時期の医療ニーズを先取りした保険になっています。

女性なら知りたい女性保険

2014/05/19

女性保険といわれている分野があります。女性特有のがんである乳がん、子宮がんなどに罹患した場合や女性のみが罹患する可能性がある子宮筋腫などに対して保険金が上乗せされるというものです。

 
女性特有のがんは限られていますが、女性特有の病気は入院日数は短いものの通院治療などの期間が長くなるため、他のがん保険や医療保険に保障を上乗せした商品を求める人が多いようです。また乳がんで外科的治療を選択した場合、全ての治療が終わった後に乳房の再建手術を選択できるようになっているなど、病気治療の延長線上に高額な医療費をカバーすることが出来るものも増えています。

 
女性が罹患する病気については男性と同じく胃がんや大腸がんなどが増えていますが、生活スタイルが欧米化に伴う物で、とりたてて女性だからというものではりません。女性特有の病気の特徴は他の病気と違って働き盛りや子育て世代が罹患するなどで家族にも大きな負担を強いるため、家族の負担を減らす目的でもあります。もし母親が病気で入院したときに家政婦を頼んだり、遠方から親に来てもらったりして治療費以外の負担が大きくなることもあります。多くは心理的負担かもしれませんが、そのようなときに上乗せの保険が役に立つという考え方もあります。

終身医療保険の特長

2014/05/19

終身医療保険の最大の特長は何かと言いますと、やはりそれは加入したときから、死亡するまでの一生涯を通しての保障を受けられるという所にあると思われます。

 
定期型などの医療保険は期間限定のために、毎月の保険料が安めの設定になっています。反対に保険期間がずっと続くこちらの保険は、毎月の支払い高めの設定になっています。

 
ただ、金額が高いというのはマイナス面ではありますが、貯蓄にもなるプラス面もありますので、決して損をするような保険ではありません。老後のためにという目的で、加入されている方も中にはいらっしゃいます。

 
終身型の保険のため、このタイプは満期保険金というものはなく、解約返戻金というものと受け取ることができます。終身型の保険は有期払込終身保険、60~65歳あたりで満了となるものを適用している保険会社が大半です。

 
そのときに下りる解約返戻金はかなりの金額となっており、その点で老後資金の貯金と捉える方は保険を掛けているのでしょう。
ある意味では、払込期間満了時が一つの満期でもあります。

 
定期型の医療保険でも解約返戻金がありますが、終身型に比べると額が小さくなっています。もし定期型のみの保険にしか入っていないようでしたら、終身型の保険も検討してみてことをおすすめします。

定期医療保険の特長

2014/05/19

生命保険と同様に医療保険も保険期間に応じて定期型と終身型があります。

 

定期医療保険の特徴は掛け捨てで保険料が安い点にあります。

 

保険期間が満期を迎えれば自動的の更新されますが、その際に注意したいのが掛け金です。

 

満期ごとに、どれだけ掛け金が上がるのか、家計の負担に合わせて比較することが大事です。

 

また、定期型を選択する利点としては現役時代や住宅ローンの返済中の時期の医療保障の充実にあります。
現在は様々な医療保険が出されており、今必要な保険を一定に期間に合わせて掛けることができます。

 

加えて終身型は生涯の保障が得られるものの、契約時の年齢から高い掛け金を年金受給時にも払い続ける必要が出てきます。

 

その点で、定期型の医療保険は必要な時に柔軟に掛けることができます。

 

一生涯の安心は終身型に利点がありますが、将来の負担を避けて一時期の医療保障を充実させたい時に掛けるのであれば定期型です。

 

特に医療保険の見直しのポイントとなるのは40代であり、生活習慣病への保障を含め先進医療特約や通院特約など、その時点の医療事情を反映させている保険には注目したいところです。

 

総じて医療保険は掛け捨てで掛け金も手頃ですが、医療保障の重点時期などをみながら加入するのがおすすめです。

保険の種類

2014/05/19

健康的な生活を心がけていても、突発的な病気にかかってしまうことは避けられません。長期間にわたる治療が必要になったり、入院しなければならなかったりすると、医療費の負担が非常に大きくなります。そのような場合に備えて、医療保険に加入しておくのが一般的です。医療保険には、さまざまな種類があるため、安易に加入するのは望ましくありません。どのような保険があるのかを確認して、自分に合っている保障内容のものを選択することが大切です。

 

 

保険は、保障内容によって保険料が変わります。必要の無いものを外すことで、保険料を節約することもできます。何を保障してもらいたのかを明確に決めておくことが重要なのです。

 

 

医療保険には、たとえば、定期医療保険、終身医療保険、女性保険、引受基準緩和型、無選択型医療保険など、実に多様な種類があります。人気が高い医療保険としては、このうち終身医療保険が挙げられます。長期間にわたって保険の保障を受けることができる点は、保険に加入する人にとって、大きなメリットになります。

 

 

保険には、保険料が掛け捨てとなってしまうものもあるので、契約をする際は、保険会社の担当者に確認しておかなければなりません。

支払われない場合

2014/05/19

保険が支払われない場合があります。せっかく必要なときにその資金面での補助ということで加入していたのに、支払ってもらえないことが残念ながらあるのが現実です。

 

ではどうして支払ってもらえないのかですが、一番多いのは告知義務違反でしょう。いわゆる既往歴あるいは既往症といった、病歴、通院暦などを正確に保険会社に伝えていなかった場合が考えられます。

 

約款で支払わないときというものを明確に定めていますが、それらに該当したときも当然ですが保険金をもらえません。
逆に一時期問題になったのが、保険会社が本来支払わないといけなかったのが、保険金の請求がなかった等の理由で、保険金を支払わないといけないのに支払っていなかったときが挙げられます。

 

これも約款で定められて、こういったとき、症状のときには請求ができますと定められているのに、請求するのを忘れていたり、請求ができないと思い込んでいたりして、請求行為自体をしていなかったということが挙げられます。

 

いずれにしても社会問題化して、保険会社への不信感が増大しているため、顧客離れを防ぐ意味からも丁寧に説明するようにしたり、契約者の下に頻繁に会いに行ったりするなどして確認するなど、丁寧な対応を保険会社が取り組むようになっているので、この不払い問題は減少傾向にあります。

支払い限度日数

2014/05/19

医療保険を選択する場合は、保障内容をしっかりと確認しておかなければなりません。特に、どのくらいの日数まで保障を受けることができるのかという限度に関する点は、非常に大切です。保険金を受け取れると思って治療を続けていて、いざ請求しようとしたら、実際には保険金を受け取ることができなかった、というトラブルが目立ちます。

 

 

保険会社は、保険金に関して、さまざまな条件や制約を設けています。加入する時点で明確に決められているものなので、よく確認しておくことが必要です。医療保険に加入する理由で多いのは、入院をした場合に保障を受けたいというものです。入院してしまうと、仕事をすることもできなくなるため、医療費を支払うことが極めて困難になるためです。一般的に、入院をした場合には保険金を受け取ることができます。

 

 

しかし、入院している期間中、無制限に保険金を受け取ることができるわけではありません。保険金支払いの日数には限度が定められています。60日間、あるいは120日間というタイプが多いです。限度を正確に理解していないと、入院しているのに保険金を受け取れないというケースが生じます。また、保険会社の免責事項についても確認が必要です。

補償範囲はどこからどこまで?

2014/05/19

保険の重要性は、怪我や病気で入院した時にしかわかりません。
ガン保険や傷害保険、又生命保険など現在様々な保険が販売されています。
その為、どの保険に入ればいいのか解らず保険会社の担当者に薦められるがまの保険に入っている方もいらっしゃいます。

 

社会保障があるから大丈夫という方もいらっしゃいますが、入院期間が長くなれば、家族が通うための交通費から雑費、目には見えないお金がでていきます。
どんなに慎重な人でも、一生のうちには、何らかの怪我や病気をすることがあると思います。
そのような場合、経済的負担を軽くする為の医療保険は必要ではないでしょうか。

 

自分の身は自分で守るもの、やはり慎重に考えて医療保険は選ぶべきでしょう。
しかし、軽い病気や怪我では必要性はないとしても、大抵は手術給付金や入院給付金だけの保険です。
通院の補償まであるのは少ないです。
又、最近は先進医療など保険の適用外の治療もあります。

 

では、医療保険の補償範囲はどこまてなのでしょう。
軽い骨折や日帰り手術、短期の入院や退院後の通院にも対応できる保険もあります。
保険に入る場合、保険料・保障内容・保障額なども含めて検討して、医療保険に入ることをおすすめします。

公的医療保険と民間医療保険

2014/03/19

医療保険には公的なものと民間のものがあります。

 

公的なものは、いわゆる国民皆保険制度によって、国民全員が国民健康保険や社会保険のいずれかに加入しているわけですので、まずは医療費の支払いは公的な健康保険によって対応されることになります。

 

また原則自己負担が3割になりますが、それでも入院や手術により高額になる場合は、高額療養費制度も使えるのでこういった制度も活用していくことができます。

 
それでも残りが高額であったり、保険が適用できない治療いわゆる保険外診療の場合に民間の保険が使える可能性があるという形になりますが、こうした状況での保険を使うとなると、適用ができるのかどうか確認しようと、あらかじめ保険会社から渡された約款を読んでも理解が難しい場合が多く困ってしまいます。そもそも適用できなかったらまったくの無駄になってしまいます。

 
このため、加入する際にはどういった状況を想定して加入したいのか、まずは自分や家族の状況をよく理解した上で加入するかどうかを決める必要があります。

 
大抵の場合、公的なもので十分対応が可能で、かなり特殊な事例でないとそれ以外の保険は不要というケースが多いのも現実です。

 

そのあたりも踏まえ加入の是非を考えていきましょう。

子供10