支払われない場合

保険が支払われない場合があります。せっかく必要なときにその資金面での補助ということで加入していたのに、支払ってもらえないことが残念ながらあるのが現実です。

 

ではどうして支払ってもらえないのかですが、一番多いのは告知義務違反でしょう。いわゆる既往歴あるいは既往症といった、病歴、通院暦などを正確に保険会社に伝えていなかった場合が考えられます。

 

約款で支払わないときというものを明確に定めていますが、それらに該当したときも当然ですが保険金をもらえません。
逆に一時期問題になったのが、保険会社が本来支払わないといけなかったのが、保険金の請求がなかった等の理由で、保険金を支払わないといけないのに支払っていなかったときが挙げられます。

 

これも約款で定められて、こういったとき、症状のときには請求ができますと定められているのに、請求するのを忘れていたり、請求ができないと思い込んでいたりして、請求行為自体をしていなかったということが挙げられます。

 

いずれにしても社会問題化して、保険会社への不信感が増大しているため、顧客離れを防ぐ意味からも丁寧に説明するようにしたり、契約者の下に頻繁に会いに行ったりするなどして確認するなど、丁寧な対応を保険会社が取り組むようになっているので、この不払い問題は減少傾向にあります。

コメントは受け付けていません。