女性なら知りたい女性保険

女性保険といわれている分野があります。女性特有のがんである乳がん、子宮がんなどに罹患した場合や女性のみが罹患する可能性がある子宮筋腫などに対して保険金が上乗せされるというものです。

 
女性特有のがんは限られていますが、女性特有の病気は入院日数は短いものの通院治療などの期間が長くなるため、他のがん保険や医療保険に保障を上乗せした商品を求める人が多いようです。また乳がんで外科的治療を選択した場合、全ての治療が終わった後に乳房の再建手術を選択できるようになっているなど、病気治療の延長線上に高額な医療費をカバーすることが出来るものも増えています。

 
女性が罹患する病気については男性と同じく胃がんや大腸がんなどが増えていますが、生活スタイルが欧米化に伴う物で、とりたてて女性だからというものではりません。女性特有の病気の特徴は他の病気と違って働き盛りや子育て世代が罹患するなどで家族にも大きな負担を強いるため、家族の負担を減らす目的でもあります。もし母親が病気で入院したときに家政婦を頼んだり、遠方から親に来てもらったりして治療費以外の負担が大きくなることもあります。多くは心理的負担かもしれませんが、そのようなときに上乗せの保険が役に立つという考え方もあります。

コメントは受け付けていません。