公的医療保険と民間医療保険

医療保険には公的なものと民間のものがあります。

 

公的なものは、いわゆる国民皆保険制度によって、国民全員が国民健康保険や社会保険のいずれかに加入しているわけですので、まずは医療費の支払いは公的な健康保険によって対応されることになります。

 

また原則自己負担が3割になりますが、それでも入院や手術により高額になる場合は、高額療養費制度も使えるのでこういった制度も活用していくことができます。

 
それでも残りが高額であったり、保険が適用できない治療いわゆる保険外診療の場合に民間の保険が使える可能性があるという形になりますが、こうした状況での保険を使うとなると、適用ができるのかどうか確認しようと、あらかじめ保険会社から渡された約款を読んでも理解が難しい場合が多く困ってしまいます。そもそも適用できなかったらまったくの無駄になってしまいます。

 
このため、加入する際にはどういった状況を想定して加入したいのか、まずは自分や家族の状況をよく理解した上で加入するかどうかを決める必要があります。

 
大抵の場合、公的なもので十分対応が可能で、かなり特殊な事例でないとそれ以外の保険は不要というケースが多いのも現実です。

 

そのあたりも踏まえ加入の是非を考えていきましょう。

子供10

コメントは受け付けていません。