終身医療保険の特長

終身医療保険の最大の特長は何かと言いますと、やはりそれは加入したときから、死亡するまでの一生涯を通しての保障を受けられるという所にあると思われます。

 
定期型などの医療保険は期間限定のために、毎月の保険料が安めの設定になっています。反対に保険期間がずっと続くこちらの保険は、毎月の支払い高めの設定になっています。

 
ただ、金額が高いというのはマイナス面ではありますが、貯蓄にもなるプラス面もありますので、決して損をするような保険ではありません。老後のためにという目的で、加入されている方も中にはいらっしゃいます。

 
終身型の保険のため、このタイプは満期保険金というものはなく、解約返戻金というものと受け取ることができます。終身型の保険は有期払込終身保険、60~65歳あたりで満了となるものを適用している保険会社が大半です。

 
そのときに下りる解約返戻金はかなりの金額となっており、その点で老後資金の貯金と捉える方は保険を掛けているのでしょう。
ある意味では、払込期間満了時が一つの満期でもあります。

 
定期型の医療保険でも解約返戻金がありますが、終身型に比べると額が小さくなっています。もし定期型のみの保険にしか入っていないようでしたら、終身型の保険も検討してみてことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。